何かとお金のかかる妊娠や出産時に家計を助ける給付金がある⁉出産育児一時金、出産手当金とは⁉

出産や育児には何かとお金がかかりますよね。

そんなときに家計をサポートしてくれる心強い味方があります‼

それが出産育児一時金産手当金です。

出産育児一時金とは?

国民健康保険に加入している方であれば、出産した場合一児につき42万円の給付を受けることが出来ます。

夫の扶養に入っている場合は「家族出産育児一時金」として夫が加入している健康保険から42万円が支給されます。

 

子供を一人出産する場合に、病院での入院代や出産費用でおよそ40万円ほどが必要と言われています。

この出産育児一時金はその大部分もしくは全てを負担してくれます。出産時はそんなこと以上に不安や心配が絶えないので、経済面での心配を少しでも減らしてくれるこの出産育児一時金は本当にありがたい制度ですね。

またこの制度には直接支払制度というものがあります。

本来であれば自分で入院費用などを建て替える必要がありますが、直接支払制度を利用することによって医療機関が直接健康保険に対して申請を行い給付金を受け取ることができます。

そのため窓口で高額な出産費用を支払う必要がなく、出産育児一時金の額とかかった出産費用の差額分だけを支払えばよいのです。

この制度を利用することで一旦自分でかかった費用を負担する必要がないので非常に助かりますね。

もし出産育児一時金の方が、入院にかかった費用よりも多くなった場合は、その差額分を請求することが出来ます。

その場合は「健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書」というものを提出しなければいけませんのでくれぐれもお忘れなく。

この直接支払制度を利用する場合は、出産しようとしている病院がこの制度を利用できる医療機関かどうかを最初に確認してみてくださいね!

出産手当金とは?

現在仕事をされている女性の方は出産される場合、通常であれば出産休暇(産休)を利用するかと思います。

産休とは出産予定日の前6週間と後8週間取得することができますが、このおよそ100日間ですが会社からの給与所得がない場合「出産手当金」を受け取ることが出来ます。

いくら支給されるかと言うと、その金額は1日あたりの標準報酬日額の3分の2です。

出産予定日よりも早く出産すると受け取れる日数も少なくなりますが、出産予定日より遅れるとその遅れた分の金額も支給されます。

まとめ

この二つの給付金は申請をするだけで貰うことが出来るので、これから出産を予定されている方は必ず申請するようにしてください。

出産や育児には非常にお金がかかります、その経済的負担を少しでも減らすためにぜひこの制度を利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です