業務外の病気やケガで3日以上会社を休んだ場合に貰える手当がある⁉傷病手当金とは⁉

突然ケガや病気で会社を休まなければいけなくなってしまう事ってありますよね。

ケガや病気など誰にも予想することはできませんからね。

軽いケガや風邪などの比較的軽い病気の場合は3日も休むことは少ないかもしれませんが、事故にあったり重い病気を患ってしまったときは3日では到底会社に復帰することなど不可能です。

そんな時、有給などを利用して休むという方法もありますが、実は健康保険に加入している人で一定の条件さえ満たせば傷病手当金という給付金を受け取ることができます。

 

傷病手当金とは

業務外の病気やケガなどで連続する3日間を含んだ4日以上労働できない場合において、ある条件を満たした場合に健康保険から給付される給付金のことを言います。

 

※ちなみに業務内のケガなどは労災という保険から給付金が出ます。(よく聞く名前ですのでご存知の方も多いと思います)

労災についても後日記載すると思います。

 

支給される条件

  1. 業務外の病気やケガで療養するための休業であること。
  2. 会社からの給付(給料)が出ていないこと。
  3. 連続する3日間を含む4日以上仕事に就けなかったこと。

 

1.業務外の病気やケガで療養するための休業であること。

先ほども記載した通り業務内のケガや病気は労災保険から給付が出ます。病気とみなされない美容整形での入院などは対象外となります。もちろんですが病気やケガの療養のための休業であるので、ただ休むだけでは給付は受けることができません。

 

2.会社からの給付(給料)が出ていないこと。

この制度は、病気などで休業中に被保険者(保険に入っている人)とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。会社から給料が出ている場合はこの制度の対象にはなりません。

 

3.連続する3日間を含む4日以上仕事に就けなかったこと。

会社を休んだ日が連続して3日間以上あれば対象となります。この3日間を待期期間といい、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して給付がされます。連続して3日以上休んでいないと対象にはなりません。連続した3日間とは祝日や土日、有給休暇なども含まれます。

 

支給される期間について

傷病手当金が支給される期間は、最長で支給が開始した日から1年6カ月です。

1年6カ月経過すると、たとえまだ仕事に就くことが出来ない状態であっても、傷病手当は支給されません。

また、一度仕事に就くことが出来る状態になった場合、その後再び同じ病気やケガなどで仕事に就くことが出来なくなったとしても傷病手当は支給されません。

 

支給される金額について

傷病手当金の1日当たりの支給額は標準報酬日額3分の2です。

簡単に言うと1カ月分の給料を30で割った金額の3分の2が支給されるという事です。

例えば標準報酬日額が1万円の人の場合1日当たり6666円を受け取ることが出来ます。

会社から給料が支給されている人の場合でも、傷病手当金の額よりも少ない場合はその差額が支給されます。

 

申請方法

自身が加入している健康保険に対して請求します。

申請書はネットなどでも入手することが出来るので、それを印刷して記入し会社を経由したうえで申請します。

また申請には医師の証明が必要になりますので、必ず診断書を書いてもらうようにしましょう。

 

万が一、ケガや病気などで会社を長期間休業せざるを得なくなってしまった場合、この傷病手当金を活用することで休業中の金銭的不安も少し楽になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です