【猿でもわかる】今更聞けないSIMフリーってなに⁉スマホの月額料金を大幅に減らす切り札とは⁉

皆様、月々のスマホ代にいくら使われていますか?

1万円程支払っている方も多いのではないでしょうか。

月々のスマホ代を節約しようと、最近は格安SIM格安しむと読みます)が流行していますね。

確かに【UQモバイル】【mineo】などの格安SIMはテレビのCMでも目にする機会が増えてきました。

慣れてしまえば月々の通信料を大幅に節約することが出来る格安SIMですが、現在Docomoやau、Softbankなどの大手キャリアをお使いの方はあまり馴染みもなく、どうやって格安SIMに切り替えるのかもわからない方が多いのではないでしょうか?

そこで【猿でもわかる】というタイトルにもあるように、どのサイトよりも分かりやすく解説したいと思います。

格安SIMとは

具体的な定義などはありませんが、Docomoやau、Softbankなどの大手キャリア以外のことを指す場合が多いです。

なぜ同じようなサービスを提供しているにも関わらず大手キャリアに比べて安くできるのでしょうか?

その秘密は設備費用がかからないことにあります。

Docomoなどの大手キャリアは自分達で日本全国に電波を発信するための電波塔を持っています。(これを基地局と言います)auやSoftbankも全国に基地局を持っています。

しかし格安SIMの会社は基地局を持っていません

基地局が無いにもかかわらず、どうやって通信するんだ!?と思いますよね。

実は【UQモバイル】【mineo】などの格安SIM会社は大手キャリアの基地局の一部を借りて電波を飛ばしている訳です。

例えばUQモバイルはauの基地局の一部を借りています。

大手キャリアは圧倒的な余裕があります。そのため少しくらい他社に貸してもなんてことはないのです。大手キャリアも他社に貸すことによってその利益の一部を受け取るなどの恩恵があるので、双方にメリットがあるわけですね。

こうした理由から格安SIMの会社は基地局の維持や、増設などの費用が掛からないためその分通信料を下げることが出来るのですね。

SIMフリー端末とは

格安SIMを語る上で一番重要で、避けて通れないのがこのSIMフリー端末と呼ばれるものです。

一番難しいのでよく読んで理解するようにしてくださいね。

まず最初に私たちが何気なく使っているスマートフォンには2種類の端末があるという事を覚えてください。

それはSIMロックがかかった端末SIMロックがかかっていない端末(SIMフリー端末)です。

この二つは見た目では判断することが出来ません。

おそらくDocomoやau、Softbankで購入した端末でSIMロック解除の手続きなどを行っていない場合はSIMロックがかかっていると思っていただいて問題ないかと思います。

SIMカードとは

先ほどからSIMロックと連呼していますが、そもそもSIMとは何でしょうか。

SIMとはSIMカードのことを指します。

上の写真のようなカードをSIMカードと呼びます。私たちが使っているスマートフォンには必ずこのSIMカードが挿入されています。

SIMカードは自分が使っている電話番号や通信会社などの情報が全て入っており、これを差し替えることで端末の機種変更ができるのです。

携帯ショップで機種変更をする際に、このSIMカードを店員さんが差し替えている場面を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

SIMロック端末とは?

簡単に言うとDocomoなどの大手キャリアが販売している端末が、ほかの会社のSIMカードで利用されるのを防ぐためのものです。

例を挙げて説明すると、Docomoで買ったiPhoneと言う端末にauなどのSIMカードを挿入して使えないようにするために、Docomoが自分で販売しているiPhoneにDocomoのSIMカードでしか使えませんというロックをかけるのです。これをSIMロックと言います。

なぜこのようなことをするのでしょうか?

理由は簡単です。ほかのキャリアに乗り換えにくくするためです。

仮にSIMロックがかかっていないと、Docomoで買ったiPhoneでもauのSIMカードを挿入するだけでauの端末としてそのまま使えてしまうのです。そのためキャリアはSIMロックをかけてほかのキャリアへの流出を防ぐのです。

このようなSIMロックが最初からかかっていない端末や、最初かかっていたSIMロックを解除した端末SIMフリー端末と呼びます。

格安SIMを利用するためには

格安SIMを利用するためには、このSIMフリー端末が必要になってきます。(一部例外もあります

SIMフリー端末に格安SIM会社から入手したSIMカードを挿入することで、晴れて格安SIMユーザーとなることが出来るのです。

そのためにはSIMフリー端末を入手するか、自分の持っているスマートフォンのSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックを解除するには?

近年のSIMフリーブームの火付け役として、総務省が2015年5月からSIMロック解除原則義務化をスタートしました。

それまではキャリアは何を言われようともSIMロックは解除しませんでしたが、これがきっかけでSIMロックを解除せざるを得なくなったのです。

しかしSIMロックを解除するにも制限などがかけられている場合があり(購入後100日経過したもの、機種代金を支払い済みであることなど)そのキャリアによってさまざまですので、SIMロックを解除する場合は自分のキャリアに問い合わせるか、公式サイトで確認してみてください。

SIMロックの解除はお近くの携帯ショップ窓口や、インターネットから申し申し込むことで簡単に解除することが出来ます。

SIMフリー端末を購入する!

自分の持っている端末がSIMロックが解除できない端末であった場合や、もともと端末を持っていない場合は最初からSIMロックがかかっていないSIMフリー端末を購入するとよいでしょう。

SIMフリー端末はiPhoneであればアップルストアアップルオンラインストアでキャリアなどを選択せずに普通に購入すればOKです。androidであればAmazon楽天市場などで「SIMフリー」で検索するとたくさん出てくると思います。

また【UQモバイル】などの実店舗を持つ格安SIM会社を使う場合は、店舗でSIMフリー端末を購入できるので便利ですね。

最初からSIMフリーの端末を入手すればSIMロックを解除する必要もないため、すぐに格安SIMを使い始めることが出来ますね!

格安SIM会社と契約する!

SIMフリー端末を入手することができたら、いよいよ格安SIM会社と契約しましょう!

格安SIM会社とはMVNOなどと呼ばれたりもします。

ちなみにMVNOとはmobile virtual network operatorの略で、「自社で通信ネットワークを持たず、他社から借りてサービスを提供する事業者」と言うような意味になります。

その中には、有名なところで【UQモバイル】【mineo】などがあります。

多くの場合、格安SIMを契約しようと思うとインターネットを利用しての契約になります。

なぜなら人件費などを削減するために実店舗を持たないことが多いからです。

実店舗を持たないというのにはメリットとデメリットがあります。

メリットは人件費がかからない分、通信料などを下げることが出来ます。設定など自分ですべてすることが出来るという方は、極限まで値段を抑えることが出来ます。

デメリットは実店舗がないので困ったときに店舗に行って相談することが出来ません。そのため、初めて格安SIMを契約する初心者の方には少しはハードルが高いかもしれません。

実店舗を持つMVNOには【UQモバイル】や【ワイモバイル】などがあります。

初めてMVNOに切り替えを悩んでいる方は、今までと変わらずに実店舗で契約できる【UQモバイル】や【ワイモバイル】などをお勧めします。

契約の方法についてはお店に行けば店員さんが今まで通りすべてやってくれるので自分ですることは特にありません。

月々のスマホ代に悩んでいる皆様、MVNOを使って賢く通信料を節約しましょう。

もし要望があれば実店舗を持たない格安SIMの契約方法についてもご紹介したいと思います。

(要望がなくても記事にするかもしれませんが・・・笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です