どんなトレード手法よりも大切な、自己資産を守る資金管理とリスク管理の方法

株を始めたばかりの初心者の方が、おろそかにしがちな資金管理リスク管理の方法についてお話したいと思います。

この資金管理とは株だけでなく、すべての投資において最も重要となる事ですのでしっかりと資金管理をマスターしてください。

資金管理とは何か?

例えば自分の投資資金が100万円あったとします。その100万円でA株を100万円分買う。初心者の方に多い、このような一点買いは自分の資金を危険にさらす行動ですのでお勧めできません。投資において非常に大切なことは自分の大切な資金を守ることです。

100万円の資金を使ってA株を100万円分購入すれば、リスクにさらす資産の割合は100%となります。この場合A株が万が一暴落するようなことがあるとすべての自分の資産を失ってしまいかねません。

資産運用は何のためにするのかをもう一度思い出してみてください。

自分の資産をリスクにさらすためにするのではありません。

もちろんリスクのない投資などありませんが、資金管理をきっちりとすることで、そのリスクを減らすことは可能です。

よく投資格言で、卵は一つのカゴに盛るなという言葉があります。

これはたくさんの卵を一つのカゴに入れていると、万が一落としてしまった時にすべてが割れてしまう。しかし、カゴを分けておけば一つ落としてしまってもほかのカゴは無事だという事です。

つまり投資するときに1つの銘柄に全力投資するのではなく、いくつかの銘柄に分散して投資したほうが、たとえ一つがだめになってしまったとしても、全体としての損失は少なくて済むという事です。

大切なのは分散投資という考え方です。

この場合ですと、A株に30万、B株に30万、C株に40万と分散するといいわけですね。これによて自分の大切な資金を減らしてしまうリスクが分散されます。

銘柄の分散だけでなく資金の分散も!

では100万円の資金がある場合において、銘柄を分散させたから安全なのかと言うとそうではありません。

万が一A株、B株、C株のすべてが同時に値下がりしたらどうしましょう。

株価は時期によって株価全体が下げるような相場も多々あります。そんな時に自己資金のすべてを分散して投資していると、すべてが下がってしまった時に、ただ見ていることしかできなくなります。

ではどうすればいいのか!?

資金も一気に使うのではなく、何回かに分けて購入するのです。

これを分割購入言います。

 

株式を分割購入するメリット

分割売買のメリットとして平均取得単価を下げることが出来ます。

これはどういう事かと言うと・・・。

例えば、1株1000円の株があるとします。これを安いと思い100万円で1000株購入したとします。

100万円で1000株購入したわけですから、1株当たりの平均取得単価は1000円となるわけです。

 

しかし、安いと思って1株1000円の時に500株購入したが、株価が800円にまで下がってしまったとします。

そして1株800円の時にさらに500株買い足します。すると合計1000株保有していることになりますね。

この場合の平均取得単価はいくらでしょうか!?

1000円で500株購入し、800円でさらに500株追加したわけですから1株当たりの平均取得単価は900円になりますね。

同じ1000株保有する場合でも分割購入することで1株当たりの平均取得単価を下げることが出来るのです。

もしこの場合、株価が戻って1000円になったとしても、平均取得単価が1000円の場合は儲けが一切出ませんよね。

しかし分割購入して平均取得単価を1株当たり900円に下げることが出来ていれば1000円に上昇したわけですから1株当たり100円の利益になります。1000株購入しているので10万円の利益になるわけですね。

それだけではありません。

分割売買をすると株式購入に必要な資金も少なくなるのです。

上記の場合ですと、1株1000円で1000株購入すれば100万円の資金が必要ですが、分割売買した場合は90万円で1000株を購入することができます。

このように投資資金も少なくて済むわけですね。

 

まとめ

今回は株式投資における資金管理とリスク管理という事で分散投資と分割売買についてお話ししました。

忘れてはいけないのが、投資はギャンブルではありません。確実に自分の資産を増やすためにリスクは最小限に抑えなければいけません。

そのために、今回お話ししたことは資産運用の上達のためには必須のスキルですので是非、覚えていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です