コラーゲン入り健康食品はお肌に本当に効くの!?健康食品やサプリメントの真実と嘘

お肌のトラブルに悩まれる女性の方は多いと思います。

若いころは何もしなくてもお肌にハリやツヤがあったのに、年を重ねるにつれてお肌のハリやツヤが減ってきたと悩まれている女性の方の中には、ハリやツヤを取り戻そうとコラーゲン入りの食品を食べるようにしたり、コラーゲン入りのサプリメントを試されている方も少なくないと思います。

コラーゲンの役割

コラーゲンとはたんぱく質などの一種であり、軟骨や皮膚など私たちの体を構成するために非常に重要な働きをしています。

コラーゲンの働きとは細胞同士を結び付けることで柔軟性を保ち、ヒアルロン酸などの水分を多く含む物質も保持する働きがあるため、肌にうるおいを与えます。

コラーゲンは年齢によって減少していくため、年齢を重ねるにつれてお肌にハリやツヤがなくなっていくのは当然と言えます。

では年齢とともに減少していくコラーゲンはどうやって増やせばいいのでしょうか?

コラーゲンの合成

実はコラーゲンは体内でアミノ酸から作られています。コラーゲンだけでなく体内で使用されるたんぱく質はすべてアミノ酸から作られているのです。

ここではアミノ酸についての詳しい説明は割愛しますが、いわば大きなコラーゲンなどのタンパク質分子を構成する材料と考えると分かりやすいと思います。

食事でたんぱく質を摂取すると胃酸によってアミノ酸に分解されます。分解されたアミノ酸は小腸から吸収されて、皮膚や軟骨、筋肉など必要部位で新たにタンパク質を合成するために使用されます。

つまり口から摂取したコラーゲンなどのたんぱく質は、そのまま小腸から吸収されて皮膚などに運ばれるわけではないのです。

コラーゲンもたんぱく質なので口から摂取すれば当然のごとく胃酸で分解されてアミノ酸になります。

そして小腸から吸収されたのち、皮膚へ運ばれてコラーゲンとして再合成される・・・とは限らないわけです!

一度アミノ酸に分解されてしまえば、元がコラーゲンであれ筋肉であれ関係ありません。体が必要だと思った場所に運ばれで体が必要だと思ったたんぱく質に合成されてしまいます。

つまりお肌のコラーゲンを増やしたいと思って、口からコラーゲン入りのドリンクやサプリメントをいくら摂取したところで、必ずしも肌に運ばれてコラーゲンになるわけではないのです。

その大半は脂肪となって脂肪組織に蓄えられる可能性もあります。

コラーゲン入り食品は意味がない!?

コラーゲンになる可能性のあるたんぱく質の摂取という意味では効果がゼロとは言いません。

ですが、それならほかのたんぱく質を摂取したほうが安上がりです。コラーゲン入り飲料や健康食品はかなり高価なものも多いです。材料を摂取するだけならほかのたんぱく質を食べるだけで充分と言えます。

ではなぜこんなにもコラーゲン入り食品や、サプリメントが世にはびこっているのでしょうか!?

それは需要があるからです。効果がないものでも欲しい人がいると売れるのです。

このようなことを書くと私はコラーゲン食品業界の圧力によって抹殺されるかもしれません・・・。笑

肌に塗るコラーゲン

最近は飲むコラーゲンだけでなく直接肌に塗るコラーゲンなどもあります。

口から摂取してもアミノ酸に分解されて結局コラーゲンとして再利用されるかどうかはわからないと言いましたが、直接お肌に塗れば効果があるのではないか!?と思われた方もいるかもしれません。

コラーゲンも塗り薬のように直接皮膚に塗れば、そこから吸収されて直接肌のコラーゲンになり・・・ません。

何度も言いましたが、コラーゲンはアミノ酸が大量につながってできた大きい分子です。

分子量は約30万といわれています。(分子量とは分子の大きさを表しています)

人間の皮膚は細胞が何層にも重なってできた角質層と呼ばれる層があります。

この角質層は非常に密着して結合しているため皮膚のバリアー機能を持っています。これは細菌などが体内に侵入することを妨げたり、毒素が体内に吸収されることを阻止するための役割を担っています。

非常に小さな毒素や細菌をも透過させない程のバリアー機能を持った皮膚を、コラーゲンのような非常に大きな分子が簡単に吸収できるはずありませんよね。(ちなみに分子量が500程度であれば皮膚から吸収されやすいと言われています。)

塗り薬などは各製薬企業が何十年も研究を重ねて、何百億円という資金を投入してやっと皮膚から吸収できるほどの小さな分子を作り出すことが出来ているわけです。

塗るコラーゲンも意味がない!?

残念ながら分子量が30万もある巨大なコラーゲン分子は皮膚から吸収されません。

塗るコラーゲンを塗って肌にツヤが出たと実感されている方の多くは、コラーゲンを肌に塗りつけてテカっているだけです。

洗顔すればおそらく何も残らず洗い流されるでしょう。

肌に塗るくらいなら、食品として摂取したほうがコラーゲンとして再合成される可能性がある分いいかもしれませんね。

結論

塗ってもダメ!食べてもダメ!じゃあどうしたらいいの!?と怒らないでください。

事実は事実として受け入れなければいけません。

では最後に薬剤師として私が考える医学的にみた肌のハリやツヤなどを取り戻す方法をご紹介したいと思います。

コラーゲンを食事により摂取しても効果がないというお話をしました。コラーゲンは体内で作られない限りは増えないのです。

どうすれば体内でコラーゲンの合成を促進することが出来るのでしょうか?

コラーゲンを合成するのは体内の線維芽細胞と呼ばれる細胞で、この線維芽細胞を活性化することがコラーゲンの合成に繋がるわけです。

線維芽細胞は規則正しい食生活十分な睡眠を取ることで活性化されます。

まずはこの生活習慣を見直すことが大切なのです。

バランスのとれた食事をして、しっかりと運動する!そして十分な睡眠を取ることが肌の調子を整える一番の近道なのです。

その上でサプリメントなどの健康補助食品も使用して不足している栄養素などを補給するのも一つの手だと思います。

その一つにビタミンCがあります。

詳しい機序は非常に難しいので、ここではコラーゲンの合成する段階の中にビタミンCが重要な働きをしているという事を覚えていただけるとよいと思います。

またビタミンCには抗酸化作用と言って体の毒素を排出するような作用も併せ持っているため、肌の健康には必須の栄養素と言えます。

サプリメントの中には過剰に摂取ることで副作用が現れるものもあります。

例えばビタミンAやビタミンEなどは蓄積性があるため過剰に摂取すると吐き気をもよおすなどの副作用があり注意が必要です。

しかしビタミンCにおいては、過剰に摂取したところで必要な分以外はすべて尿として排出されるので副作用が起こることはまずありません。

そのためサプリメントとしても安全に摂取することが出来ます。

ビタミンCは以下のようなサプリメントで簡単に摂取することが出来ます。

楽天市場

アサヒ ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

Amazon

アサヒ ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

体は一日にしてならずです。毎日の積み重ねが大切なお肌を蘇らせるのです。

皆様の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です