高い目薬と安い目薬どう違うの??市販の目薬の真実(ドライアイ編)

デスクワークやスマホの使用による目の疲れやコンタクトレンズ装着による目の乾きが気になっている方も多いのではないでしょうか?そんなあなたは、ドライアイかもしれません。

ドライアイとは、簡単に言うと目を守るための涙液が減ってしまい、目が傷つきやすくなっている状態のことを言います。

ドライアイの症状は??
  • 目が乾く
  • ものがかすんで見える
  • 目が疲れやすい
  • 目がごろごろする(異物感がある)

このような症状は誰しもが経験したことがあるとおもいます。病院へ行くまでもないけど何かドライアイ対策をしたい、という方は市販薬を使ってみるのも一つの手です。(しばらく市販の目薬を使ってみたけど改善しない、ドライアイの症状が重度である場合は眼科を受診してください)

市販の目薬と一言に言っても、ドラッグストアに行くと何種類もあります。価格も300円くらいの安価なものから2000円近くする高価なものまでさまざま。どう違うの??高いものがやっぱり良いの??という疑問がわいてきます。

そこで、ドライアイに効果のある目薬はどれなのか、安価な目薬・高価な目薬どう違うのかを徹底解説します。(ドライアイ編)

 

500円前後のドライアイの目薬

ソフトサンティア

*画像をクリックすることで楽天市場での価格がご覧いただけます。

〈有効成分〉

  • 塩化カリウム:0.1%
  • 塩化ナトリウム:0.4%

〈用法・容量〉

1回2~3滴、1日5~6回点眼

ソフトサンティアは涙の成分に近い組成をしており、涙が不足することで生じる目の乾きや異物感等の症状を改善します。足りない分涙液を人工的な涙液で補うというシンプルな薬です。ソフトサンティアは防腐剤が入っていないため、開封後の使用期限は10日です。1箱は4本入りです。

余分なものが入っていないので、目薬をさした際の清涼感などはなく、優しいさし心地です。コンタクトレンズをつけたまま使用できるのも嬉しいポイントですね。

ソフトサンティアは成分としては医療用のお薬である人口涙液マイティア点眼液と似ているお薬になります。医療用でもドライアイに使用されるお薬ですので、安心して使えますね。

 

 

800円前後のドライアイの目薬

新なみだロードドライアイ

 

*画像をクリックすることで楽天市場での価格がご覧いただけます。

〈有効成分〉

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.5%
  • ヒプロメロース:0.5%
  • 塩化カリウム:0.15%
  • 塩化ナトリウム:0.4%

〈用法・容量〉

1回2~3滴、1日5〜6回点眼

さすがに800円ともなると、有効成分の量も増えてきます。ソフトサンティアと同様の人工的な涙液の成分に加えて、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとヒプロメロースが入っています。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは涙液を角と膜に保持することで、角膜を保護します。またコンドロイチン硫酸エステルナトリウム自体が角膜の成分であり、角膜の損傷を修復する役割を果たしています。

ヒプロメロースは点眼薬の粘度を高めるために入れられており、添加物のようなものです。粘度を高めることで、目の潤いを持続させます。

ソフトサンティアとの約300円の差角膜保護成分であるコンドロイチン硫酸エステルナトリウムにあるわけですね。

ソフトコンタクトレンズをお使いの方は使用できませんので、コンタクトレンズ用の同様の製品があるのでチェックしてみて下さい。

メーカに問い合わせてみたところ、開封後の期限は目安として2ヶ月ほどとのことです。

 

1000円前後のドライアイの目薬

ロートドライエイドEX

*画像をクリックすることで楽天市場での価格がご覧いただけます。

〈有効成分〉

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:0.5%
  • ヒドロキシエチルセルロース:0.5%
  • 塩化カリウム:0.02%
  • 塩化ナトリウム:0.44%

〈用法・容量〉

1回2~3滴、1日3〜4回点眼

こちらは、新なみだロートドライと同様ロート製薬の目薬ですので、成分は新なみだロートドライと似ています。ひとつ大きく異なる点は、潤いを保つ成分がヒドロキシエチルセルロースになっています。ロート製薬によると、ヒドロキシエチルセルロースは超高粘度な性質を持つ添加物であり、潤いを保つ力が強いようです。そのため、1日に目薬をさす回数が他のものに比べて少なくなっています。常に目の乾燥が気になっている方には、1日に目薬をさす回数が減ることは嬉しいポイントです。新なみだロートドライアイとの約200円の差はこの粘度にあるわけですね。

ソフトコンタクトレンズを付けたままの使用はできません。

メーカに問い合わせてみたところ、開封後の期限は目安として2ヶ月ほどとのことです。

 

おすすめのドライアイに使える目薬は??

私個人の薬剤師としておすすめするドライアイの目薬は、ソフトサンティアです。理由は成分がシンプルで使いやすいこと、少ない容量のものが4本入っており非常に衛生的であることです。ソフトサンティアをしばらく使ってみてもドライアイが全く良くならないのであれば、病院を受診しドライアイの原因が何なのかを探る必要があるのかもしれません。

 

 

目薬ってとても清潔なお薬です
目薬は製造される際、無菌であることが求められます。また、異物の混入にたいしても厳しい試験が行われています。そのくらい目薬は清潔なものなんです。目薬を使用し始めると、汚いままの手で触れてしまったり、目薬の先が目についてしまったりと気を付けていても目に見えない汚れがついてしまいます。そのため、病院で薬剤師として目薬を患者さんにお渡しする際は、目薬は使い始めて1か月で新しいものに変えてください。とお話ししています。市販の目薬を使用する際も、1か月でかえるとまでもいかなくてもあまり長く使わない方がいいな、という認識していただけたらと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です