海外旅行に必ず役に立つ‼携帯するだけで傷害保険が付いてくる神のクレジットカードをご紹介‼

みなさま海外旅行には行かれますか!?

海外旅行に行くときに何を持っていきますか?

通常まず挙げるものとしてパスポートやスマートフォンなどが考えられます。

私はパスポート、スマートフォンに次いでこの【エポスカード】を挙げていただきたく思います。

EPOSカードとは、ショッピングモールで有名なOIOI「マルイ」が発行している完全無料のクレジットカードです。

実はこのクレジットカードは海外旅行の際に絶大な威力を発揮するのです。

ほかのクレジットカードを使っているという方も、海外旅行に行かれる方であれば必ず持っていないと損をします!!

これは私のエポスカードです、もうすでにゴールドカードにランクアップしています(笑)

では一体何がそんなにお得なのか?

これから詳しくご紹介していきたいと思います。

海外旅行傷害保険が無料でついてくる

海外旅行に行ったときに注意しなければいけないことと言えば、ケガや病気で現地の医療機関などを利用する場合です。

日本では国民皆保険という素晴らしい保険制度のおかげで、どこの保険医療機関で受診しても自己負担は少なくて済みます。

しかし海外だとそうはいきません。

もちろん日本の保険証などは使えませんし、その上海外では医療費が非常に高額なところもあり、1泊入院するだけで数百万円の医療費を請求される場合もあります。

そんな時に持っておきたいのがこの【エポスカード】です!

エポスカードは持っているだけで海外旅行傷害保険が付きます。

クレジットカードの多くは海外旅行傷害保険が付くものも多いですが、ほとんどの場合利用付帯といって旅行代金などをカードで支払ったり、交通費などをカードで支払った場合に保険が付くようになっています。

しかし、エポスカードの最強たるゆえんはこの海外旅行傷害保険が自動付帯なのです。自動付帯とは旅行代や交通費などをカードで支払うなどの条件なく、ただ旅行に行くときに財布に入れて持っていくだけで保険が付くのです!

大切なことなのでもう一度言います。

ただ、旅行に持っていくだけでいいのです!

補償内容(エポスカード)

保険の種類 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

注目すべきは赤字で記載したところです。

簡単に説明すると・・・

傷害治療費用とはケガがもとで医師の治療などを受けた場合にかかる診療費、入院費、薬剤費などです。

疾病治療費用とは病気がもとで医師の治療などを受けた場合にかかる診療費、入院費、薬剤費などです。

通常無料のクレジットカードであれば利用付帯がほとんどです。その上補償金額も100万円にも満たない場合も多いので、【エポスカード】の補償金額は破格と言わざるを得ないです。

クレジットカードの保険金は合算できるものがある!

最近はクレジットカードを複数持っている方も多いと思います。クレジットカードの海外旅行保険の中には金額を合算して計算することができるものがあります。

障害死亡・後遺障害保険は合算できません。楽天カードは最高2000万円(利用付帯)でエポスカードは最高500万円ですので合算して2500万円という事にはなりません。

傷害死亡・後遺障害保険は一番金額の高い保険が適応になります。この場合で言えば楽天カードの2000万円が上限になります。

しかし、海外旅行傷害保険や疾病治療費などは合算して計算することが出来ます。

例えば楽天カードでは海外旅行傷害保険は200万円(利用付帯)です。

その場合エポスカードの270万円と合わせて470万円までの金額が保障されます。

海外旅行傷害保険や疾病治療費は多ければ多いほど安心ですので、サブのクレジットカードとして【エポスカード】を持っているだけで傷害治療費用や疾病治療費用をさらに強化することが出来るという事です。

海外旅行で最も利用される保険は?

いくら海外旅行傷害死亡保険が5000万円でも利用する機会がなければ意味がないですよね。

保険会社の統計では利用頻度の高い保険はやはり傷害治療費用疾病治療費用となります。

多くのクレジットカードでは一番利用頻度が高い傷害治療費用や疾病治療費用が低く設定されていて、一番利用頻度が低い障害死亡保険が高く設定されています。

当然クレジットカード会社も利用頻度の高い保険に高額な保険料を設定すると破産してしまいますからね。

【エポスカード】は入会金や年会費が完全無料であるにもかかわらず、この傷害治療費用や疾病治療費用が年会費有料のカード並みの金額であることがエポスカードの素晴らしいところなのです。

むしろ新規カード発行などでポイントも貰えてしまうという神っぷりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です